青梅市 産後 骨盤 矯正 病院

042-557-5015

042-579-0247


骨盤は出産によって状態が変化します。胎児が大きくなってくるに伴い骨盤内の関節も緩みが出始め重心がやや前方に変わり始めます。
妊娠後期頃には赤ちゃんも大きくなり骨盤内の関節、筋肉も緩みが大きくなりお腹の方へ重心が引っ張られるため腰椎の反りが強くなり腰の痛みがでやすくなります。

出産時になると、恥骨結合と呼ばれる骨盤の前の連結部分や、骨盤内部の組織が緩み、赤ちゃんの通り道が出来ます。 出産後には、その緩んでいた恥骨結合部がある程度までは自然に元に戻ろうとします。しかし、戻りきる前に無理な姿勢や日々の家事などを頑張ってしまうと、緩んで不安定な状態の骨盤が通常よりもねじれやすくなり、腰痛や歩行時に股関節痛などが起こりやすくなります。

産後約1か月位は安静にし、骨盤をサラシやとこちゃんベルトなどで固定し、開いている骨盤を元に戻す習慣がありました。現代ではなかなかゆっくりと時間をとる事が出来ず、産後腰痛に悩まれている方が増えてきています。

妊婦特有の姿勢。いわゆる腰を反る姿勢、普段の生活の中で体を伸展させる際に骨盤前傾・腰椎前弯が増強して疼痛が増悪する伸展型腰痛。また骨盤の中のゆがみ、仙腸関節機能異常を引き起こします。

また10ヶ月もの長い間おなかの中に赤ちゃんがいるので、内臓と赤ちゃんを支えている骨盤の底の筋肉と深部にあるお腹の筋肉は引き伸ばされて弱くなってしまいます。分娩の際にはさらにこの骨盤の底の筋肉が伸ばされることになるのです。

このように妊娠・出産には体の深部の筋肉が大きく関係します。出産後そのままほうっておくと筋肉は弱い状態のままなので、骨盤周りをはじめとするからだのゆがみを引き起こすことになります。

出産後は広がった骨盤が自然に元に戻っていきます、しかし出産をしてしまうと生活が赤ちゃん中心になりますし、元々骨盤に問題がある方の場合、うまく戻らず、腰痛を引き起こす事もあります。

骨盤矯正は出産で開いた状態になっている骨盤を矯正で正常な位置に戻していくことです。
例えば妊娠前にはいていたジーンズが合わないとか、自覚できる症状はいくつかありますが、そもそも自覚するまでに少し時間がかかります。
矯正と聞くと、バキバキと音をたてながらやるものだとイメージされる方もいますが、みらい・のぞみ整骨院の骨盤矯正は優しい矯正です。産後の経過によっては個人差がありますが、出産後1カ月くらいから骨盤矯正を始めることができます。
早めの段階から始めると、お腹の中が整うことも早くなり、
産後の回復も早まります。

みらい整骨院は西多摩郡瑞穂町、瑞穂役場から1分、消防署目の前。

のぞみ整骨院は瑞穂団地、スーパーカネマンさん向かいです。

ともに、駐車場はバッチリ完備!!

どんなことでもお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多摩地区、西多摩郡、瑞穂町、羽村市、福生市、青梅市、八王子市、武蔵村山市、あきる野市、昭島市、入間市、武蔵藤沢、飯能市、日の出町、青梅線、八高線、五日市線、西武線拝島線、八王子、北八王子、小宮駅、拝島駅、東福生駅、箱根ヶ崎駅、金子駅、東飯能駅、高麗川駅、東中神駅、中神駅、昭島駅、拝島駅、牛浜駅、福生駅、羽村駅、小作駅、河辺駅、東青梅駅、青梅駅、熊川駅、東秋留駅、秋川駅、武蔵引田駅、武蔵増戸駅、武蔵五日市駅、上北台、桜街道、玉川上水、砂川七番、泉体育館、整体、病院、接骨院、整骨院、整形外科、事故、交通事故、専門、評判、口コミ、有名、オススメ、治療、保険、労災、ムチウチ、むちうち、頭蓋、腰、首、肩、ひざ、足、股関節、顎関節、頭痛、めまい、疲れ、コリ、歯ぎしり、つまずく、転ぶ、ゆがみ、歪み、シビレ、ヘルニア、四十肩、五十肩、変形性関節症、浮指、外反母趾、寝違い、身体、不眠、呼吸が浅い、肩上がり、おなか、生理、生理痛、更年期、障害、ばね指、反張膝、腰痛、猫背、仙骨、腸骨、脊柱、x脚、О脚、子ども、姿勢、産後、老化、調整、矯正、ぎっくり腰、骨格矯正、坐骨神経痛、バランス、バレエ、新体操、サッカー、野球、バレー、バドミントン、運動、スポーツ、整体、カイロ、カイロプラクティック、SOT,トムソンベット、リハビリ、通院、ケア、保険診療はお任せください。